医療脱毛前に注意すべきこと

いざ、銀座で評判の良い医療脱毛ができる場所を見つけ即座に予約。
その際、安心して効果が出るようにする為に気をつけておくべきことを紹介します。

1. 医療脱毛の前日の自己処理

医療レーザー脱毛で良い効果が出るか出ないかは、前日の自己処理が大きな影響を与えます。
一番やってはいけないのが、自分で一本一本ピンセットなどを使ってムダ毛を抜いてしまうことです。
肌にダメージを与えてしまうのは当然のことで、根本の毛を抜いてしまうと、レーザー脱毛で完璧に抜き取ることができなくなります。
わずかにムダ毛が生えている状態で初めて、効率よく根元の根細胞を取り除くことができるのです。しっかりシェービングすることで、安心して治療に臨むことができます

レーザー脱毛

2. 日焼けに注意する

銀座での医療レーザー脱毛前には日焼けには注意しましょう。
特に日焼けをしやすい体質の方は、施術の数週間前から気を遣いましょう。日焼けし過ぎて黒い人は、治療を受けられないこともあります。
日焼けをしてはいけない理由は、医療レーザー脱毛は黒い色のメラニンをめがけて照射をするので、日焼けをした黒い肌は格好の餌食になり痛みを伴います。
また、日焼けによって、肌が乾燥してしまうと、痛みを伴うのと同時に肌にダメージを与えてしまうと評判です。
日焼けクリームを塗ったり、日の当たる所には行かないなど計画をしっかりして、意外と忘れがちな日焼けに気を遣って控医療レーザー脱毛に準備しましょう。

3.前日の薬の服用

安心に医療脱毛を行う為に、避けられるリスクは控えましょう。
その1つが前日の薬の服用です。脱毛の効果にはそこまで影響を与えませんが、副作用や治療中に赤みやはれなどの肌トラブルを招く可能性があります。
必ず、事前のカウンセリングの際に、服用中の薬の報告をしましょう。

4.飲酒や運動は控える

銀座での医療レーザー脱毛の前日は、お酒を飲んだり激しい運動は控えるようにしましょう。
理由は、血流が良くなり、体温が上昇し、肌が敏感になってしまい、レーザー脱毛の施術をする際、レーザー脱毛の刺激で、かゆみや肌の炎症などの肌トラブルの原因になります。
医療脱毛の当日にお酒が残っているようであれば、施術を断られる場合もありますので気を付けましょう。
医療レーザー脱毛の方法によっては、火傷になりやすくなるなどリスクも大きく、事前の注意事項などの紙にも記載があるので、万が一のことが起きても自分の責任になってしまいます。
また、激しい運動をすると、汗をかいてしまいます。
運動後の汗には塩分などが含まれていて、肌に刺激があるので、運動以外にも サウナや夏などの長時間外にいることなどもやめましょう。
これは、前日同様に、術後に関しても控えるように注意しましょう。